印鑑屋の保障

印鑑3点セットイメージ

よくTVの通信販売の番組で、認印・銀行印・実印の「豪華印鑑3点セット、名匠の手彫りです!というフレーズを耳にしますが、実際に購入している人は何人いるのでしょうか?
昔は、印鑑も結構儲かったと思いますが、今はインターネットなどで簡単に手に入れることが出来ます。

印鑑の事が分からなくて、実印として認印用の印鑑で印鑑登録させることも可能ですが、認印、銀行印、実印を同じ印鑑で使いまわすのは防犯上危険です。

特に実印というものは、個人が持っている印鑑の中で権利や義務の発生が生じる責任重要な印鑑のため、同じ印鑑が2本あってしまってはいけませんので印鑑屋さんに自分だけの特別な印鑑を彫って貰った方がいいですよ。

実印を作る場合は、自分を証明する大切なものなので、作成にあたっては自分の好きな印材や書体で作成すればいいと思います。
格安の値段を売りにしているお店の印鑑は、保障がきちんとしているか確認が必要ですね。

日本印章業組合等の正規の印章組合に加盟している店舗か、特定商取引法の表示や印材の産地の表示をきちんとされているか、メールのやり取りだけではなく電話等でも対応を行っているのか、しっかり確認した方がいいかもしれません。

大丈夫だとは思いますが、銀行印も複製されては、自分の預金口座にお金がなくなったしまった…ということになるかもしれないので大事な印鑑です。

保管場所などをしっかりとして、ついうっかり落として破損してしまったなんてこともないように気をつけるようにした方がいいかも

〔関連サイト情報のご紹介〕

ページの先頭へ